トイレつまりの原因

スポンサードリンク


多くの場合、トイレつまりの原因は大量のトイレットペーパーを流そうとした事が原因になっています。

トイレ掃除の際に使用したお掃除シートやティッシュ、ネコ用トイレの砂なども意図的なものもありますし、芳香剤のキャップや携帯電話など思わず落としてしまったものが原因になることもあります。

スポンサードリンク

トイレつまり対処法

原因がトイレットペーパーなら対処法は時間経過を待つ!です。

トイレットペーパーは、普通のティッシュペーパーなどと違って水に溶けやすいように作られているため、時間が経てば自然と流れるようになります。

次の人が入れないという問題はありますが、時間に余裕がある場合にはお金を掛けて業者を呼ばずにまずは時間経過を待ちましょう。

次第に水位が下がって元通りに使えるようになるはずです。



トイレつまりにはスッポン!

スッポンではわかりませんか?

正式にはラバーカップと呼ばれるトイレ詰まり解消用の道具です。

このラバーカップの愛称?!をスッポンと呼んでいる人が多いのです。使ったことはなくても見たことはあるのではないでしょうか。

昔も今もこのスッポンでつまったものを吸い出すのが一般的なのが面白いですね。


スッポン(ラバーカップ)の使い方

詰まったトイレに水を入れ(水量によって少し足す)、スッポンを穴にゆっくり押付け(ゴムが凹むまで)、すばやく引っ張る。

この時、凹んだ箇所がなるべく密閉状態にすると効果があります。つまりは、押込むようにしてもうまくいきません。

詰まった物を、一度引戻すようにイメージすると、上手くいくはずです。


やり方によっては水が飛び跳ねることも考えられますので、濡れない様な準備、もしくは濡れても良い準備と注意が必要です。

また、直った直後にタンクの水を全開で流すと、詰まりが解消されていなかったとき溢れてしまうのでまずはバケツなどの少量の水で流れるかどうか確認しましょう。



トイレつまりの修理

どうやっても直らない場合には、修理を依頼するしかありません。

我が家の場合には元オリンピック選手の森末慎二が宣伝している『クラシアン』に依頼しました。

まずは、直ぐに着てくれた事が安心でした。対応もよかったですが、これは担当者にもよるので一概には言えませんね。

金額が妥当かなんてその時にはわかりません。そこだけ事前の下調べが必要だと思います。